犬と猫の口腔の病気

歯周病

動物病院で最も治療例が多いのが歯周病です。
歯周病は慢性で進行性の病気です。
いったん症状が進行し始めると「歯石を取ってみる」あるいは「ホームケアの時間を増やしてみる」といった対応をしても進行を止めることができません。
歯肉が痛みを感じていることに気づかず歯ブラシ回数を増やしても、動物にとっては拷問に近く思えることもあるでしょう。
歯周病には、原則にかなった正しい検査と診断、治療が唯一の解決法です。

 

歯の外傷

硬いおやつやおもちゃを犬に与えていると、犬の歯は弱いので割れてしまいます。
エナメル質が欠けた程度では大きな問題は生じませんが、中心を走っている神経や血管(歯髄)が露出してしまうと、口腔内の細菌が侵入して骨の深い部位に炎症や膿瘍を生じて行きます。
また、歯の割れ目が歯肉よりも奥にある場合は、その部位から急激に歯周病が進行します。
歯の外傷の治療には、レジン充填や歯内治療・抜歯があり、どの歯にどのように起きたかによって治療法が異なります。

 

猫の歯肉口内炎

猫では、歯周病とウイルス疾患が複雑に関連した重度の口内炎が起きることがあります。
症状によっては食事が取れず体重が落ちたり、十分な水が飲めずに腎臓を障害することもあります。
外科的・内科的治療を組み合わせても、治療は長期に及ぶことが多いです。

 

重度の骨欠損

重症の歯周病が放置されると、歯槽骨だけではなく顎の硬い骨まで破壊が進んで行きます。
とくに犬では、上顎の犬歯の内側から鼻腔を隔てる骨が破壊されて、口と鼻がつながることがあります。
通常の歯周病治療は、SRPやキュレッタージといった歯周治療や抜歯で治療を進めますが、大きな骨欠損が生じた場合には「骨を再構築する」ための骨再生治療が必要です。

 

口腔内の腫瘍

口の中にできる腫瘍は、見えにくい場所ほど発見が遅れます。
歯周病の手術中に偶然発見されることもあります。
癌や肉腫と言われる悪性腫瘍の場合、見える範囲よりも大きく拡がっていることが多く、画像診断(エックス線やCT)や病理組織検査を行って、治療手段を考えてゆくことになります。

 

埋伏歯による嚢胞(のうほう)

主に犬で「あれ、歯がない」という場合、もともと永久歯が発生していないのか(完全欠歯)、あるいは歯茎の下にあって見えていないのかは、画像診断しなければわかりません。
大きな問題になるのは、顎の骨の中に歯が閉じ込められている場合で、数年かけて嚢胞が成長して骨が破壊されます。
症状と部位によっては、顎骨切除などの大規模な手術が必要になります。
近年、チワワやシーズーで治療例が増えています。

 

吸収病

かわった名前ですが、「破歯細胞性吸収」が正式名称です。
ふだんは悪さをしない「歯を壊す細胞」(破歯細胞)が健康な歯を壊してしまいます。
歯髄の神経に達すると強い痛みが出ることがあります。

Top