トップページへ
整形外科の機器
整形外科では肘と膝の関節について診断・治療経験が豊富です。 当クリニックの特徴は、「関節鏡」という関節の中を見るための道具を使い、できるだけ切開の少ない治療を目指していることです。 なお、当クリニックでは股関節全置換手術、前十字靭帯断裂のTPLO手術は行っていません。
AO手術器具・プレート・スクリュー類(シンセス・オルソメディカル他)

整形外科用ドリルドライバ(マイクロエアー)

小関節用マイクロモーターン・ソー(ナカニシ)

関節鏡手術器具(ストライカー・スミス&ネフュー)

関節内潅流ポンプ(スミス&ネフュー)

関節鏡用パワーシェーバー(スミス&ネフュー)

マイクロエアー スマートドライバー
窒素ガスで駆動する、一般的な骨外科用のドリルドライバーです。 ヘッドを変えて、正確なピンニング、骨切りなど多様な使い方をします。 電気的な部分が一切ないので、メンテナンスが容易ですが、低回転域が安定しないのが短所だと思われます。
ナカニシ サージックXT マイクロモーター
もともとは歯科のインプラント用エンジンであったものを、ペットの歯科・整形外科用に改変した、大変すぐれたエンジンユニットです。 小型のAOチャック、レシプロソーなどは、超小型犬の関節外科手術にとても便利です。 デンタルユニットと違い完全な滅菌下で使用できるので、無菌的な根管治療や口腔外科手術に用いることができます。
Smith & Nephew Dyonics アクセス15
関節の中を一定の圧力に保つ、関節鏡手術の必需品です。 関節の中の炎症や切削に伴うデブリスを洗い流し、良い視野を保つことができます。 とくに、下記のシェーバーを使用する処置の際に威力を発揮します。
Smith & Nephew Dyonics パワーシェーバー
関節炎の進行に伴って、関節滑膜が増生してさらに関節の動きが悪くなります。 パワーシェーバーは、過剰な滑膜や機能を失った軟骨を除去するための装置です。