CO2レーザー

カテゴリー/ お知らせ |投稿者/ 豊平動物病院 |

口腔の手術は想像以上に出血量が多く、小さな領域からの出血であっても輸血が必要になるくらい出血することもあります。 当クリニックでは最高グレードの電気メスなどを用いて出血に対応してきましたが、それでも大変な場合がありました。 今回導入したCO2(炭酸ガス)レーザーでは、出血点に器具が届かないときにも、遠隔で止血を施すことができます。 これによって、より出血の少ない低侵襲な手術ができることを期待しています。

また、猫の口内炎の治療にも有用と思われますので、今後の活躍に期待しましょう。

Top